一般家庭におけるコールドテーブル家具ブランド

最近では、一般家庭にも家具ブランドの様な関心を引く様になったコールドテーブル。
もとは、飲食業などで、「あっち行ったり、こっちっ足り面倒だ。」との作業効率や、「家の店じゃ冷蔵冷凍庫と調理台は大きな物おけないな。」などの、スペース効率を考えて、調理作業台の下に、冷蔵庫、冷凍庫を
取り付けた商品でした。
既製品にしても、サイズや値段も様々です。
サイズは、幅60cm前後、奥行き45cmのコンパクトな物から、幅150cm以上、奥行き80cm以上のビックサイズまであります。
扉は、一般家庭の冷蔵庫と同じで観音開きタイプがほとんどですが、その扉がガラス製の物もあります。
値段の幅も広くて、8万円程度の物から、数百万円の物まであります。
一般家庭に普及しているような家具ブランドとは行きませんが、家電ブランドからは、業務用に発売されています。
そこで、一般家庭にコールドテーブルを導入しようと、お考えの方にアドバイスです。
先に、述べたように、サイズや価格は様々ですので、問題無いでしょう。
設置に関して、特に排水と音に関して、工夫が必要になります。
家庭用の冷蔵庫は、霜を蒸発させるような仕組みになっていますので、排水について気にする事はありません。
コールドテーブルは殆どの物が、溶けた霜が垂れ流しの状態になります。
つまり、排水の為の工事が必要になります。
排水用の受け皿などで代用も出来ますが、何時も気にしなければいけなくなります。
洗濯機の排水溝の様な工事を執拗になりますので、器機代金の他に工事費も考える事になります。
後は音についてですが、業務用に製作された機器は、家庭用の製品の用に、消音、エコドライブには作られて
いない事が多いです。
その為に、床や背面の壁に遮音をする事も必要かも知れません。
以上のように、今現在、お住まいのお宅に設置するのには、それなりに準備が必要です。
これから自宅を建設される方には、その事を考慮した上での、施工をしてください。
実用的で、スペース効率にも優れている物ですから、高級家具ブランドのシステムキッチンばかりではなく、低価格な、一般家庭向けの物を期待します。
アイランド型のキッチンなどに、簡単に使用できる訳ですから、これから可能性としては、大いに見込める商品に成る事は間違いなしです。
「家のキッチンもアイランド型のおしゃれな物にしたら、子供達も料理を手伝うようになったよ。」
こんな声が、キッチン用品と家電メーカーには聞こえていますか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*